“黒子”の東芝・徳永、大暴れ宣言!給水係や分析でW杯8強に貢献/TL(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

ラグビーのトップリーグで10季ぶりの優勝を狙う東芝が14日、NTTドコモ戦(18日、花園)に向け、東京・府中市のグラウンドで約1時間の練習を行った。第1節をコンディション不良で欠場した共同主将の日本代表NO・8徳永祥尭(27)も攻防練習などで調整し、「フィーリング(感覚)は悪くない」と笑顔を見せた。

 昨年のW杯日本大会はメンバー入りしたが出場機会はなく、給水係や分析などで初の8強進出を縁の下で支えた。公式戦はW杯前の南アフリカ戦から遠ざかっており「早く試合をやりたい」と意気込みを語った。

 次節は出身地の兵庫に近い花園で開催され、出場すれば凱旋試合となる。「いっぱい見に来てくれたらうれしい。地元で大暴れ? そうですね」。冷静に“今季初戦”を見据えた。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。