桃田賢斗、15日帰国 日本協会専務理事「正直奇跡」からの復帰プラン、3月全英OP復帰目標 (スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:桃田賢斗

日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事(66)が14日、都内で会見し、マレーシア遠征中の交通事故で負傷した男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が、全英オープン(OP=3月11~15日、英バーミンガム)を当面の復帰目標とすることを明かした。顔面3か所の裂傷と全身に打撲を負ったが骨折はなく、現地での担当医も約1か月で練習再開できるとの見通しを説明。桃田は15日に帰国し、MRI(磁気共鳴画像)などの精密検査を受けて治療に専念する。

 世界王者を襲った不慮の事故から一夜。銭谷専務理事は「第一報を聞いた後は、しばらく命が縮み上がるように動揺した」と声を震わせた。この日、桃田の最終的な診断結果が判明。顔面3か所の裂傷と全身打撲を負ったが、骨折はしていなかった。「(亡くなった24歳の運転手には)心よりご冥福をお祈りします。これだけの大事故にもかかわらず、4名の同乗者が命に別条なかったことが、正直奇跡だと思う。運が悪ければ最悪の事態もあった。神様に感謝した」と神妙に話した。

 現地の担当医は、桃田の病状を踏まえて「1か月ほどで練習に戻れ、今後の競技に影響はないだろう」とし、15日に帰国することも決まった。大会復帰について、日本代表の朴柱奉監督は「治療の経過を見ていく事が前提ではあるが、体と心が安定すれば、今から8週間後の3月に行われる全英オープンを目標に準備をしていく予定です」と説明。銭谷専務理事も「本人や(所属の)NTT東日本としっかり連携したい」と慎重を期す考えを強調した。

 国際ツアーでは、基本的に大会運営側が移動車を用意する。今回のワゴン車も、マレーシア協会が手配した。バドミントンは、競技人気の高い東南アジアや欧州を多く転戦。銭谷専務理事は「シートベルト着用や、フロント席(助手席)に乗らないなどを徹底したい。テロの問題も含めて、飛行機を2つに分けるなど、リスク管理を真剣に考えないといけない」と危機感を口にした。

 海外での移動リスクは、他競技にも通じる。橋本聖子五輪相は、この日の閣議後、海外を転戦する選手の安全管理について競技団体や日本オリンピック委員会による検証が必要だと指摘。「国際競技連盟と情報共有しながら、どのような環境で選手が移動していくのかを含めて、(管理体制の精査を)全力を挙げてやっていかないといけない」とした。

 桃田は帰国後、MRI検査などを経て休養する。銭谷専務理事は「彼も賢くて前向きだし、東京五輪への意気込みも並々ならないと思う。焦らず、精いっぱい、力を発揮してくれればと思う」。今は心身の計り知れない衝撃を癒やし、力強い再起を待つほかない。(細野 友司)

 ◆同乗のコーチは右すね手術

 銭谷専務理事は、桃田と同乗していたスタッフの状態についても説明。平山優コーチは右すねの裂傷と全身打撲、森本哲史トレーナーは右前腕部の骨折と脳しんとう、全身打撲と最終的に診断されたという。平山コーチは、13日の夕方に全身麻酔で右すねの手術を受けたため自力歩行がまだ困難だが、森本トレーナーは桃田同様に、比較的自由に歩ける状態という。2人も、15日に帰国する予定。

 ◆銭谷専務理事に聞く

 ―けがの状況や、全治の見通しは。

 「第一報であった、鼻、頬、顎の骨折はなかった。それは確認が取れた。額と鼻と唇の裂傷については、1週間程度で回復するのかなと思う。桃田本人と森本トレーナーは比較的自由に歩いて、元気だというのは連絡が来ている。平山コーチは右すねの裂傷なので、歩行は困難と聞いている」

 ―今後のサポートは。

 「全身打撲なので、緊張しているときには痛みがないが、帰国して気が緩んで痛みが出てきたりすることもある。もう一度、精密検査を受けさせた上で、精神的な動揺も、サポートしながら、練習の再開やどう進めるかを考える」

 ―本人とのやりとりは。

 「LINEでのやりとりを1、2回。大丈夫か、という投げかけと、帰国して元気な顔を見せて下さいと送ったところ『分かりました、ありがとうございます』という返信はいただいた」

 ―帰国後の会見予定などは?

 「裂傷を負って、ボクサーの試合後のような(顔が)腫れ上がった状態になっている。精神的なダメージも考慮し、取材対応は考えていない」

 ◆現地でも連日報道

 バドミントンの人気が高いマレーシアで連日、大きく報道され、スター紙によると、桃田は事故後、病院に駆け付けた日本代表の朴監督に「まだバドミントンはできるか」と尋ね、朴氏は「寝て回復すれば大丈夫だ」と伝えた。また、現地の担当医師は取材に対し、桃田は鼻の軟骨にひびが入る全治6週間のけがを負ったと明かしたとしている。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。