【愛知杯】重賞2勝のデンコウアンジュがトップハンデで出走(サンケイスポーツ)

出典元:福島牝馬Sを制したデンコウアンジュ

小倉競馬が今週スタートし、2月23日まで6週間のロングランで行われる。今年は東京五輪が開催されるため、夏の小倉が例年より2週少なくなるなどの影響があり、開幕初日のメインには本来なら中京が舞台の牝馬限定GIII愛知杯(芝2000メートル)が行われる。

 アルテミスS、福島牝馬Sと重賞を2勝しているデンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎、7歳)がトップハンデ56キロ。しまい一辺倒のタイプだけにあてにはできないが、展開がはまれば怖い存在だ。

 パッシングスルー(美浦・黒岩陽一厩舎、4歳)は2走前に紫苑Sを勝っている。続く前走の秋華賞は外枠の不利もあって10着に敗れたが、GIIIでハンデ54キロなら見直せる。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。