【フェアリーS】レースを終えて…関係者談話(サンケイスポーツ)

出典元:フェアリーSで3着に敗れたポレンティア

◆池添騎手(ポレンティア3着)「以前より馬はしっかりしていた。ただ昨夏以来でスタートがもうひとつ。そこが悔やまれる」

 ◆マーフィー騎手(シャインガーネット4着)「リラックスしていたし、あの位置で進めた。能力は確か。伸び切れなかったのは、成長途上だからだと思う」

 ◆武藤騎手(ソーユーフォリア5着)「マイルで折り合えたのは収穫。ただ距離のぶんか坂のあたりで止まった」

 ◆鮫島良騎手(ウインドラブリーナ7着)「ペースが上がったときにもたついたのが…」

 ◆木幡巧騎手(フルートフルデイズ8着)「タメは利いていたが、伸びがジワジワという感じだった」

 ◆野中騎手(セイウンヴィーナス9着)「少なくとも1800メートルはほしい」

 ◆横山和騎手(メイプルプレゼント10着)「しまいに脚を使っていた。内容は悪くない」

 ◆田辺騎手(カインドリー11着)「うまく流れに乗れた。もう少し距離が延びても良さそう」

 ◆北村宏騎手(ダイワクンナナ13着)「パドックや返し馬で、ずっとエキサイトしていた」

 ◆吉田隼騎手(ペコリーノロマーノ14着)「終始右にもたれていた。距離も少し長かったかも」

 ◆藤田騎手(ニシノステラ16着)「現状ではダート向きっぽいかなという走り」

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。