「王国復活」へ強化プロジェクト、強豪6校集う「SCL」開催し改革した静岡(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:歓喜の静岡学園イレブン

◆第98回全国高校サッカー選手権 最終日 ▽決勝 静岡学園3―2青森山田(13日・埼玉スタジアム)

 静岡学園が青森山田を3―2で下し、24大会ぶりの優勝を飾った。

 静岡県サッカー協会は昨年「高校強化プロジェクト」を始動。全国選手権で4大会連続初戦敗退など低迷する中で、高円宮杯U―18プリンスリーグ東海を戦う静岡学園、清水桜が丘、藤枝東、浜松開誠館、富士市立、藤枝明誠の6校の指導者と話し合い、同6月には「静岡チャンピオンズリーグ(SCL)」を開催するなど改革をスタートした。

 県選手権ではプリンスリーグに出場するチームをシードするなど過密日程も解消。服部康雄事務局長(63)は「チームとして強化、トレーニングする時間を作り、高いレベルで切磋琢磨(せっさたくま)する環境を整備した」と明かした。静学MF井堀は「県選手権は決勝トーナメントからの出場になり、いい状態で戦えた。疲れも出なかった」と話す。

 今年も10日から選抜合宿を行い、指導者も一緒に準決勝を現地観戦して刺激を受けた。県選抜による欧州遠征は昨年に続き行う予定。2月には清水ユースや磐田U―18にも呼び掛けてSCLを行う。真の「王国復活」へ改革を進めていく。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。