静岡学園が24大会ぶりV 後半2得点で青森山田下す/高校サッカー(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:前半、ゴールを決める静岡学園・中谷(右)=埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗)

第98回全国高校サッカー選手権大会の決勝が13日、埼玉スタジアムで行われ、静岡学園が青森山田を3-2で下し、24年ぶり2度目の優勝を果たした。

 青森山田は前半11分、ハーフウエーライン左からのフリーキックをDF藤原優大(2年)が頭で合わせて先制。今大会ここまで無失点の静岡学園ゴールをこじ開けた。

 青森山田はさらに33分、主将のMF武田英寿(3年)が自ら獲得したPKをゴール右へ沈め、2点目を奪った。

 2点差をつけられた静岡学園は前半ロスタイムにフリーキックのこぼれ球をDF中谷颯辰(3年)がゴール左に押し込み、1点差に迫った。

 静岡学園はさらに後半16分、ペナルティーエリア内でボールを受けたFW加納大(2年)が左足を振りぬき同点。さらに40分、左フリーキックを中谷が頭で合わせて逆転に成功。青森山田も積極的に前へ出たが及ばず、静岡学園が逃げ切って栄冠を手にした。

 大会の観客は56025人で、成人の日に決勝が行われる第81回大会以降で過去最高の動員人数となった。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。