1月5・6日の中山競馬で8勝をマーク シャインガーネットに騎乗のO.マーフィー騎手(サンケイスポーツ)

出典元:O.マーフィー騎手が騎乗するシャインガーネット

2020年の幕開けとなった1月5日、6日の開催では、O.マーフィー騎手が2日間で8勝を挙げる活躍を見せた。特に6日の中山競馬では6勝をマークし、JRA所属外騎手の1日最多勝タイ記録となった。マーフィー騎手は、3日間開催となる今週も勝利を量産することができるかどうか。なお、同騎手は13日のフェアリーS(GIII)では、新馬→赤松賞(1勝クラス)を連勝したシャインガーネット(美浦・栗田徹厩舎)に騎乗する。

 また、2日間で4勝を挙げ、調教師リーディングのトップに立った国枝栄調教師(美浦)は、フェアリーSにGI4勝馬ダイワスカーレット産駒のダイワクンナナを出走させる。ダイワスカーレットの産駒からはまだ重賞勝馬が出ていないが、ダイワクンナナは同産駒初の重賞制覇を果たすことができるかどうか。なお、同馬には北村宏司騎手が騎乗する。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。