静岡学園“切り札”藤井がベンチ入りも 右足首骨折から3か月半ぶりフルメニュー…11日全国高校選手権準決勝(スポーツ報知)

出典元:静学MF藤井(中央)は約3か月半ぶりに対人練習に復帰した

全国高校サッカー選手権準決勝(11日・埼玉スタジアム)で矢板中央(栃木)と対戦する静岡学園は8日、静岡市内で練習。昨年9月末の練習試合で右足首を骨折するまでレギュラーだったMF藤井皓也(3年)が約3か月半ぶりにフルメニューをこなした。95年度以来24大会ぶり優勝の切り札として、ベンチ入りする可能性が出てきた。

 藤井は10対10のゲーム形式の練習で、右足でネットを揺らした。「足の調子はいい。試合に出られる準備はしてる」とアピール。4月のプリンスリーグ東海から主にトップ下でスタメンだったが、骨折後は県大会のベンチから外れ、イレブンを励ますなど、県大会制覇を陰で支えていた。

 昨年末はランニングなど軽い練習しかできなかったが、川口修監督(46)は準決勝以降の藤井の復帰の可能性を見据え、登録メンバー30人に選出していた。藤井は「準決勝まで連れて行ってくれた仲間に感謝」と最後まで復帰を諦めない。(山田 豊)

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。