【ソフトバンク】森&甲斐野の師弟コンビがグアムへ出発 それぞれの目標は…(スポーツ報知)

出典元:自主トレ先のグアムへ出発したソフトバンク・森(後ろは甲斐野)

ソフトバンクの森唯斗投手(27)が7日、弟分の甲斐野央投手(23)と福岡空港から自主トレ先のグアムへ出発した。森は中継ぎ、抑えとしてのフル回転ぶりが評価され、昨年12月に球団の日本人投手としては史上最高額となる年俸4億6000万円の4年契約を締結。「出たい気持ちはあります」と東京五輪にも意欲を見せたが「リーグ優勝が一番ですね。しっかりとチームが開幕ダッシュできるように」と3年ぶりの覇権奪回を誓った。

 プロ1年目から主にセットアッパーとして65試合に登板した甲斐野は「どんな練習をされているのか、じかに見たかった。森さんから学びたい」と真剣な表情。森とともに東京五輪出場を見据える右腕は「160キロは一つの目標にしたい。千賀さんが開幕戦で161キロを投げて、あれだけ感動させられた。僕も感動させたい」と自慢の球速に磨きをかけるつもりだ。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。