【日本ハム】ドラフト3位・上野が恩師から授かった数珠を手に入寮(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


日本ハムのドラフト3位・上野響平内野手(18)=京都国際高=が7日、千葉・鎌ケ谷の勇翔寮に入寮した。実家の大阪・貝塚市から車で約10時間かけて到着。プロ生活のスタートに「待ちに待っていた。楽しみでいっぱいです」と笑顔を見せた。

 上野が持参したのは、小学生時代から世話になったという恩師からもらった、日本三大稲荷とされる岡山・最上稲荷の数珠。6日にあいさつに行った際、普段と変わらない言葉で「頑張れ」と手渡された。「簡単にいつも通りの感じだったので、僕もその気持ちでお別れしました」。旅立ちの日を控え、あえて自然体で見送ってくれた恩師の粋なプレゼントは、寮の部屋に大切に飾っておく予定だ。

 高校生離れした遊撃守備で“牛若丸”の異名をとる18歳。「正月は過去の(自分の)動画を見て、これからやっていかなきゃいけないことを整理したり、体を動かしたり。野球のことばかり考えていました」。今季チームでは唯一の高卒指名選手。8日からは新人合同自主トレがスタートするが「1年間けがなく、少しでも自分の実力を磨けるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

コメントは受け付けていません。