マンC、ウルブスの23歳FWに95億円オファーか。バルセロナ下部組織のドリブラー(フットボールチャンネル)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ウォルバーハンプトンのアダマ・トラオレ【写真:Getty Images】

マンチェスター・シティはウォルバーハンプトンに所属するFWアダマ・トラオレに興味を持っているようだ。6日付けの伊メディア『カルチョメルカート』が報じている。

【画像】マンチェスターシティの基本フォーメーション

 同メディアではシティがトラオレに対し8000万ユーロ(約96億円)の移籍金を支払う準備をしていると伝えている。

 なおトラオレは昨年9月と12月に行われたシティ戦で合計3得点1アシストの活躍を見せた。この結果もありジョゼップ・グアルディオラ監督はトラオレ獲得を熱望している模様だ。

 バルセロナ下部組織出身のトラオレは2013年に17歳でトップチームデビューを果たした。その後、2015年からイングランドへ渡り、アストン・ビラ、ミドルスブラを経て2018年からウォルバーハンプトンに所属している。

 圧倒的なスピードを活かしたドリブルが特徴のトラオレは昨年11月のEURO2020予選では初めてスペイン代表としても選出される(その後負傷のため辞退)など将来が嘱望されている。そんな23歳をシティは獲得することになるのだろうか。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。