【広島】70周年記念パネルをカープロードに設置へ(スポーツ報知)

広島が球団創立70周年記念パネルを制作していることが6日、分かった。創設した1950年から昨季までの支配下登録選手、監督、コーチ、順位成績を年度ごとに印字した計70枚の銅製で、それぞれ縦約75センチ、横幅約50センチ。広島駅からマツダスタジアムに続く「カープロード」に面した球場付近のスペースに設置したレンガの中に埋め込む。3月20日の開幕戦までに完成予定。今季分以降も制作を続け、追加していく見込み。

 さらに球団歌「それ行けカープ」を歌う新たなリレー映像も制作中。著名人ファンのバージョンは毎年球場スコアボードで放映されているが、今回は3歳から90歳代の一般広島県民約40人が歌う。野平企画運営本部本部長は「70年間カープとともに歩んでくれてありがとう」と県民に感謝した。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。