水谷&美宇選出!注目の“3人目”含め五輪代表決定/卓球(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

日本卓球協会は6日、東京五輪の男女代表候補各3人を発表した。シングルスに出場する世界ランキング上位各2人に加え、団体戦要員として男子は水谷隼(30)=木下グループ、女子は平野美宇(19)=日本生命=を選んだ。新種目の混合ダブルスは水谷と伊藤美誠(19)=スターツ=が組むことを決めた。

 今月の世界ランキング上位各3人を選出。既に内定していた男子の張本智和(16)=木下グループ=と丹羽孝希(25)=スヴェンソン、女子の伊藤、石川佳純(26)=全農=に実績十分の水谷と平野が団体戦要員で加わった。

 五輪団体戦は1対戦5試合で、第3試合のダブルスが鍵。昨年の世界選手権で伊藤と組み銀メダルの早田ひな(19)=日本生命=の起用も「考えた」と女子代表の馬場美香監督(54)は明かす。だが平野なら「対戦相手によってオーダーを変えやすい」。

 伊藤、石川のシングルスと石川・平野組のダブルスが通常のオーダーだが、平野はダブルスで伊藤と組むこともシングルスで戦うこともでき、戦略の幅が広がる。

 左利きの水谷も右の張本、左の丹羽のどちらとも組むことができる。男子代表の倉嶋洋介監督(43)は「団体戦で強さを発揮できる。精神的支柱としても貢献してほしい」と水谷に期待した。

 6人は日本オリンピック委員会(JOC)の承認を経て、正式に五輪代表に決まる。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントは受け付けていません。