阪神D4位・遠藤が「秋田犬マサル」と入寮し「枕元に置こうかな」(サンケイスポーツ)

阪神の新人選手8人が6日、西宮市内の虎風荘に入寮。ドラフト4位の遠藤成(じょう)内野手(18)=東海大相模高=は、地元秋田のご当地商品「秋田犬マサル」のぬいぐるみを持参した。

 「秋田県のみなさんを喜ばせたいなという思いで持ってきました。枕元に置こうかなと思います」

 2018年、フィギュアスケートの平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(17、ロシア)が、秋田県から贈られた秋田犬に「マサル」と名付けた。その秋田犬「マサル」がモデルのぬいぐるみとともに、虎風荘での新生活をスタートさせた遠藤は「1軍で活躍しないと(秋田県の)PRもできない。できるようにしっかりと土台を作りたいなと思います」と力を込めた。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。