【京都2R・3歳新馬】ゴール前で差し返したリュクスウォリアーがV 和田「走りが素軽い」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:京都2R・3歳新馬を勝ったリュクスウォリアー

6日の京都2R・3歳新馬(ダート1800メートル、16頭立て)は、2番人気のリュクスウォリアー(牡3歳、栗東・平田修厩舎、父マジェスティックウォリアー)がゴール前の追い比べを制して初陣を飾った。勝ちタイムは1分54秒8。

 好スタートから楽に2番手を確保。脚をためて運び、直線入り口で満を持して先頭に立った。すぐ後ろにいたタイセイパワーズに半馬身ほど前に出られたが、残り1ハロンを過ぎてから二枚腰を発揮。首差、差し返した。

 和田竜二騎手は「折り合いがついて、スピードもある。(後続に)のみ込まれそうになりながらも盛り返してくれた。走りが素軽いし、これからが楽しみ」とデビュー戦を振り返った。

 母リュクスメジャーも管理していた平田調教師は「距離がどうかと思っていたけど、文句のない競馬ぶりだった。お母さんはゲートが悪かったり、砂をかぶると嫌がったり課題の多い馬だったんだけどね。初子でいい感じで勝てて良かった」と笑みが絶えなかった。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。