八王子実践に大川愛海あり!名門ヒヤヒヤ発進も…輝いた次代のヒロイン/春高バレー(サンケイスポーツ)

出典元:第1セット、2年生エースの大川(4番)は相手ブロックをかいくぐってスパイクを放った (撮影・松本健吾)

全日本高校選手権第1日(5日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権が開幕。1回戦が行われ、女子で有力校の八王子実践(東京第2)は旭川実(北海道第2)に2-1のフルセット勝ち。U-17(17歳以下)日本代表経験のある2年生エース、大川愛海(あいみ)らが引っ張り、苦しみながらも初戦を乗り越えた。6日の2回戦では、昨夏の全国高校総体を制した就実(岡山)と早くも対戦。大一番を制しての飛躍を目指す。

 ヒヤヒヤの初戦突破だった。旭川実から第1セットを比較的簡単に奪った八王子実践だったが、第2セットを競り合いの末に落とす。最終第3セットも食い下がられたが何とか振り切った。

 「第2セットは守りに入ってしまい、攻め切るバレーができなかった」

 2年生エースの大川が、安堵(あんど)の表情とともに反省した。

 1年ぶりの全国大会。「やってきたことを出しきって楽しもう」と声を掛け合ってコートに入ったが、大観衆の声援に囲まれ、硬さが出た。それでも第1セットを取ったことで、かえって受け身になってしまった。

 第3セットは終盤、20-18の競り合いから相手ブロックを狙ってタッチアウトを取ったり、スパイクレシーブを上げた直後に跳んでスパイクを決めたりと、積極プレーで3得点する貢献。「決め切ることが自分の仕事。しっかり(ボールを)呼んで決めてやろうという気持ちでした」。

 1年生だった2018年にアジアユース選手権代表に選ばれ優勝。下北沢成徳3年だった石川真佑(現東レ)や1歳上の金蘭会・宮部愛芽世(あめぜ、3年)ら先輩たちと練習し、気持ちの大事さを学んだという。

 全日本高校選手権、旧春高(全国高校選抜優勝大会)ともに5度優勝の名門も、今季は全国高校総体出場(東京2枠)を逃した。「絶対に負けないという気持ちで劣っていた」と反省。「チームの中心として引っ張り上げられるようになりたい」と上を目指してきた。この日の苦戦でも、最後にその思いが出た。

 6日の2回戦は高校総体を制し、全日本高校選手権2度優勝の就実と対戦。大川は「悔しい思いをしてここまできた。怖がるんじゃなく、引かずに勝負を楽しみ、全てをぶつけたい。力を出せれば勝てる」と誓った。2回戦で実現した注目対決を突破して、令和最初の春高で主役を演じる。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。