青学大・吉田祐也「最後に」別大マラソン参戦 卒業後ブルボン就職(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:別大マラソンに出場する青学大・吉田祐也

第96回箱根駅伝(1月2、3日)の4区で区間新記録をマークし、青学大の2年ぶり5度目の優勝に貢献した吉田祐也(4年)が5日、別府大分毎日マラソン(2月2日)に初挑戦することを明かした。原晋監督(52)ら優勝メンバーは日テレ系情報番組「シューイチ」に出演。今春の卒業後は大手菓子メーカーのブルボンに就職し、競技の第一線から退く予定だが「最後にもう1本走ります」と別大マラソン参戦を表明した。

【写真】青学大・原晋監督、4年生にハワイ卒業V旅行プレゼント

 2、3年時にはチーム11番手で、あと一歩で箱根駅伝出場を逃した。今回は東洋大の相沢晃(4年)が前回大会でマークした1時間54秒の区間記録を更新する1時間30秒で走破し、チームを2位から首位に引き上げた。練習量が多い青学大で最も走り込んできた男が初の42・195キロで、どんな走りをするか興味深い。

 原監督は「走るのが好きだし、努力できる才能がある」と実力を高く評価。番組内では「(ブルボンの)社長さんに、続けられるようにお願いしようかね」と現役続行のサポートをする考えを明かした。駅伝チームのエネルギー飲料を提供しているブルボンの経営陣と親交がある指揮官の提案だけに現実味がある。

 これまで青学大の卒業生で、実業団チームを持たない企業の所属選手として大学を拠点に競技を続けた例はある。ブルボンも実業団チームを持たないが、吉田祐が希望すれば競技続行の環境が整う可能性は十分。やっぱり続けるか、やっぱり引退するか。決断が注目される。(竹内 達朗)

 ◆吉田 祐也(よしだ・ゆうや)1997年4月23日、埼玉・東松山市生まれ。22歳。中学1年から陸上を始め、東農大三高時代は5000メートルで北関東大会出場も全国高校総体進出は逃す。2016年、青学大教育人間科学部に入学。全日本大学駅伝は3年5区1位、4年5区3位。3年時に日本学生対校1万メートルで日本人トップの3位も4年時まで箱根駅伝出場経験はなかった。1万メートルの自己ベストは28分42秒58。164センチ、47キロ。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。