四中工がベスト8で敗退 日本代表FW浅野拓磨の弟・快斗は、この悔しさをドイツで晴らす(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:後半に出場し、ボールを追う四日市中央工・浅野快斗

高校サッカー選手権準々決勝(5日、駒沢陸用競技場)矢板中央2―0四日市中央工

 四日市中央工(三重)は、矢板中央(栃木)に0―2で敗れ、準決勝進出はならなかった。浅野家の六男・快斗(3年)は後半開始から出場。セルビア1部パルチザンでプレーする日本代表FWの兄・拓磨らスタンドで家族が見守る中、積極的に相手ゴールに迫ったが、得点は奪えなかった。「簡単ではないと分かっていたけど、思っている通りにはいかなかった」と無得点のまま大会を終えた。

 大会前にウィンターブレイクで帰国していた拓磨から「選手権は特別な場所。その先の人生も変わる」と声をかけられた。得点という結果を残すことはできなかったが、ドリブルで何度も仕掛けるなど、持ち味を発揮した。

 卒業後は就職するつもりだったが、家族の後押しもあり、兄がプレーしたドイツにサッカー留学する予定。現地に行って、トライアルなどを受けるつもりだ。「3年生でようやくこういう舞台に立たせてもらった。こういった経験を生かして、サッカーをやりたいと思っています」と次なるステージに目を向けた。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。