【中日新聞杯】アイスストームは大接戦の3着 吉田隼「頑張ってくれている」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

◆第55回中日新聞杯・G3(12月7日、中京競馬場・芝2000メートル、良)

 ハンデ重賞は16頭によって争われ、坂井瑠星騎手が騎乗した8番人気のサトノガーネット(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ディープインパクト)が、直線で先に抜け出した3番人気のラストドラフト(オイシン・マーフィー騎手)をゴール前で鮮やかに頭差で差し切り、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分59秒2。

 さらに首差の3着に2番人気のアイスストーム(吉田隼人騎手)が入った。

 吉田隼騎手(アイスストーム=3着)「頑張ってくれている。最後も伸びている。競馬も上手な馬なので。広いコースは乗りやすいですね」

【広告】


コメントは受け付けていません。