羽生結弦、4回転ルッツ決めた…負傷から2年ぶり「憧れ」リンクで解禁(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:公式練習で動きを確認しながら調整する羽生結弦(カメラ・矢口 亨)

【トリノ(イタリア)4日=ペン・高木恵、カメラ・矢口亨】フィギュアスケートのGPファイナルは5日にイタリア・トリノで開幕する。羽生結弦(24)=ANA=が公式練習で、06年トリノ五輪でエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)と荒川静香が優勝した会場で金パワーを注入。17年10月のロシア杯を最後に封印してきた4回転ルッツを決めるなど、3年ぶり奪還へ好調な仕上がりを見せた。男子ショートプログラム(SP)は5日(日本時間6日)に行われる。

 羽生は赤がメインカラーのリンクを見渡し、五輪マークに視線を止めた。「ここ、見ていたところだなって。ワクワクが止まらなかった。憧れのなかで滑っているっていうか。会場自体にすごい大きなエネルギーがある」。プルシェンコと荒川静香が金メダルを獲得した06年トリノ大会の会場パラベラ。胸に手を当て、パワーを体に蓄えた。

 11歳の時だった。フィギュアスケートにどんどんのめり込んでいった頃の記憶は鮮明だ。プルシェンコの27・12点差の圧勝、荒川さんのイナバウアー。「いろんな思い出がある。記憶としての思い出もあるけど、記録としてここに残っているものって一生消えない。力をもらいながら演技したい」。練習後に荒川さんとリンクをバックに記念撮影。滑走抽選後には廊下に飾られているトリノ大会のロゴの写真を自らの携帯電話に収めた。

 初練習から4回転ルッツを決めた。ルッツの軌道で踏み切った最初のジャンプは1回転になったが、すぐに跳び直し、余裕を持って降りた。17年10月のロシア杯で初成功させるも、同年11月のNHK杯の公式練習で跳んだ際に転倒し、右足首を負傷。2年にわたり試合では封印してきた。この日、ネーサン・チェン(米国)は曲かけで4種類5本の4回転を着氷させた。大技の投入について「ショートをやってみての体力とか、体の感覚次第」と話した。

 ループ、サルコー、トウループを含む4種類の4回転を決めた。氷との相性もいい。「1日目で感触がよくて。本当は試合って楽しむもんじゃないって自分は思うんですけど、すごいスケートが楽しくて」。少年のような無邪気な笑みを浮かべた。フリーが行われる7日は25歳の誕生日。「心の底から『やったー!』って思える誕生日にしたい」。前人未到の5度目Vへ、あの日抱いた憧れを胸に舞う。

 ◆練習はコーチ不在

 羽生はこの日、コーチ不在のまま練習を終えた。メインコーチのブライアン・オーサー氏、ジャンプ担当のジスラン・ブリアン氏の姿はなかった。今大会は選手1人につき、コーチ1人しかパスが出ない。「ブライアンが試合で忙しくて、ジスランが来る予定が、ちょっとトラブルがあって今遅れている」と説明。合流時期については「ちょっと分からないんですよね。とりあえず、自分でやることはやります」と話した。

 ◆男子SP滑走順(日本時間6日)

 〈1〉5時17分 エイモズ(フランス)

 〈2〉5時24分 金博洋(中国)

 〈3〉5時30分 アリエフ(ロシア)

 〈4〉5時37分 チェン(米国)

 〈5〉5時43分 サマリン(ロシア)

 〈6〉5時50分 羽生結弦

【広告】

気になる高めの血圧に

理研ビタミン 



理研ビタミンが発見した、

わかめ由来の機能性関与成分が

高めの血圧に働きかけます

コメントは受け付けていません。