ロッテ、第1回「マリーンズ流行語大賞」にレアード「幕張寿司」が年間大賞(サンケイスポーツ)

出典元:ロッテ・レアード、流行語大賞に決定

ロッテは2日、2019年「マリーンズ流行語大賞」の大賞語を発表。ノミネート10語から選考の結果、日本ハムから今季加入したブランドン・レアード内野手(32)が、千葉でもすしポーズを披露したことで「幕張寿司」が、大賞に選出された。

 レアードは球団を通じて「幕張寿司さいGO。めちゃくちゃウレシイ!ホンマにウレシイ!来年もたくさんのスシを握れるようにガンバリマス!目標?日本一のスシ!個人的には通算200本塁打を達成したいね!来年も開幕から幕張寿司オープンだよ。カモン!」とコメントした。

 今季は、史上3人目となる開幕4試合連続本塁打を放つなど、139試合に出場して打率・248(487打数121安打)。チームトップの32本塁打、89打点をマークした。NPB通算150本塁打も達成。シーズン30本塁打到達は、球団では2005年の李承●(=火へんに華)(30本)以来、実に14年ぶりの快挙だった。

 選考委員会は「非常に悩みましたが、やはり今回は年間大賞ということで一年間を通して使われた言葉とさせていただきました。今年のマリーンズを引っ張ってくれたのは幕張寿司だったと思います。球場で販売をしたレアード選手の『幕張寿司』は大変な人気を博し、寿司関連グッズもたくさん誕生しました。それらの要素を含めて栄えある初代マリーンズ流行語大賞は幕張寿司とさせていただきます」と明かした。

 その他のノミネート10語は「ゴッドハンド」、「柿の種バッテリー」、「ホームランラグーン」、「THANK9」、「ガンバルガス」、「東條登場」、「YES!マーティン」、「柿沼友哉エンジェル」、「オジマだよ!」。

【広告】

気になる高めの血圧に

理研ビタミン 



理研ビタミンが発見した、

わかめ由来の機能性関与成分が

高めの血圧に働きかけます

コメントは受け付けていません。