【チャンピオンズC】タイムフライヤー8着で芝&ダートGI制覇は持ち越し マーフィー「すごくいい馬」(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

12月1日の中京11Rで行われた第20回チャンピオンズカップ(3歳以上オープン、GI、ダート1800メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億円)は、川田将雅騎手騎乗の2番人気クリソベリル(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)がデビューから6戦無敗でダート界の王者に就いた。タイムは1分48秒5(良)。

 2歳暮れのホープフルS以来、約2年ぶりの勝利と芝&ダートGI制覇を狙ったタイムフライヤーは、最内枠スタートから中団後方のインを追走。前が止まらない展開で8着に追い上げるのが精一杯。鞍上のマーフィー騎手は先週のジャパンカップに続く2週連続のGI優勝とはならなかった。

 O.マーフィー騎手「すごくいい馬でした。距離とかそういう問題ではなく、メンコをつけているぶんだけ反応が遅くなりました」

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。