安西幸輝と前田大然の日本人対決はドロー。ポルティモネンセは9試合勝利なし(フットボールチャンネル)

出典元:安西幸輝【写真:Getty Images】

【マリティモ 1-1 ポルティモネンセ ポルトガル1部第11節】

 ポルトガル1部第11節、マリティモ対ポルティモネンセが現地時間10日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

 マリティモに所属するU-22日本代表FW前田大然とポルティモネンセに所属する日本代表DF安西幸輝は、ともに先発入りを果たした。

 先制したのはポルティモネンセだった。40分、ペナルティエリア手前の左でボールを受けたモルテが中央にいたフェルナンデスにパスを供給。フェルナンデスは右足を振り抜くと、ゴールに吸い込まれた。

 63分に前田はジ・ピーニョとの交代を命じられ、ピッチを後にした。その後、ゲッターソンのゴールでマリティモが振り出しに戻す。

 だが、その後両チーム追加点を奪うことができず。試合は1-1で終了となった。ポルティモネンセは9試合勝利がなく、今季未だ1勝のみにとどまっている。

【得点者】
40分 0-1 フェルナンデス(ポルティモネンセ)
71分 1-1 ゲッターソン(マリティモ)

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。