【天皇賞・秋】サートゥルナーリア絶好デモ!11秒8 スミヨン「とても扱いやすかった」(サンケイスポーツ)

出典元:栗東CWコースでスミヨン騎手を背にラスト1ハロン11秒8をマークしたサートゥルナーリア

秋初戦の神戸新聞杯を圧勝。4着に敗れた日本ダービーのダメージどころか、世代トップの能力を改めて見せつけた皐月賞馬サートゥルナーリアが、絶好のデモンストレーションで全開を誓った。

 栗東CWコースで単走。テン乗りながら、半兄エピファネイアの乗り味も知るスミヨン騎手の手綱にスムーズに従った。程良いスピードに、鋭い反応。たっぷり余力を残しながら、それでいて軽やかにラスト1F11秒8をマークした。

 「自分から走っていた。もう少し速く走れたと思うけど、レースで本気を出してもらおうと少し抑えたくらい。落ち着いて堂々として、とても扱いやすかった」とジョッキー。アーモンドアイなど強敵を前に、「若い馬だけどとてもいい馬。伸びしろも信じている」と好勝負を約束した。(夕刊フジ)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。