【楽天】西武キラーの浅村が28号2ラン、負ければ借金生活のピンチだったチーム救う(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

◆西武2―14楽天(25日、メットライフドーム)

 初回に2点を先制した楽天は、5回に浅村栄斗内野手(28)の28号2ランなどで4点を追加。その後も和田恋外野手(23)がプロ初の4安打をマークするなど打線が爆発。今季最多となる14点を奪って大勝した。チームは連敗を2で止めた。負ければ借金生活転落のピンチだったが、再び貯金を1とした。

 浅村の今季の28本塁打のうち、8本が古巣の西武戦でマークしたもの。今季、古巣戦では66打数20安打で打率3割3厘、21打点と大暴れしている。

 24日の西武戦で5打数無安打に終わった浅村は「この3戦は、いいところでずっと回ってきたが、打てない打席の方が多かった。今日はそういう場面が回ってきたら打ちたいと思っていた」と語っていた。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。