マリナーズ・菊池雄星が4回に突如乱調 2被弾で5失点KO…8戦白星なし(スポーツ報知)

出典元:マリナーズ・菊池(ロイター)

◆タイガース―マリナーズ(13日、デトロイト・コメリカパーク)

 マリナーズの菊池雄星投手(28)が13日(日本時間14日)、敵地のタイガース戦に先発。4回途中9安打5失点で、6月23日(同24日)のオリオールズ戦以来8試合ぶりの5勝目はならなかった。

 3回までは粘りの投球を見せていた雄星。初回は2本のヒットで2死二、三塁のピンチを迎えるも、ロドリゲスからチェンジアップで空振り三振を奪って、先取点を与えることはなかった。2回も無失点で乗り切り、1点の援護をもらった3回はカブレラに適時二塁打を浴びたが、逆転を許すことはなかった。

 だが、突如崩れたのは3―1と2点リードで迎えた4回。先頭のヒックスに右翼へソロを浴びて1点差に迫られると、無死一塁からロジャーズに逆転2ランを被弾。さらに2安打を浴びて1死二、三塁と走者を得点圏に背負ってマウンドを降りた。

 3回1/3で81球(うちストライク58球)を投げて9安打5失点。3三振で1四球だった。

【広告】



コメントは受け付けていません。