矢野阪神、12残塁3併殺で57年ぶり竜戦0点ドロー「点取らないと…俺の反省」(サンケイスポーツ)

(セ・リーグ、中日0-0阪神=延長十二回規定により引き分け、19回戦、中日12勝6敗1分、13日、ナゴヤD)大、大、大拙攻…。阪神は中日戦(ナゴヤドーム)で延長十二回の末に0-0でドロー。藤原崇起オーナー(67)=電鉄本社会長=が日帰り弾丸生観戦する前で、12残塁3併殺のもどかしすぎる拙攻で、先発・青柳ら投手陣の好投に応えられなかった。矢野燿大監督(50)も「反省」-。この日の引き分けで、今季の中日戦の勝ち越しがなくなった。

 お盆休みにまさかの大凡戦。6度も得点圏に走者を進めながら、一度も三塁を踏めずにスコアレスドロー。12残塁&3併殺の拙攻で、弾丸視察に訪れた藤原オーナーにもいいところを見せられなかった。投高打低の今季を象徴する内容に、矢野監督もうなだれた。

 「ピッチャーにもそんなに負担をかけられない。きょうの反省として点を取らないとね。俺の反省もある」

 今季2敗を喫していた大野雄と4度目の対戦。毎回のように二塁まで走者を進めながら、例によってあと1本が出ない。六回には2死一、二塁と先制のチャンスで、打席にそのまま青柳。好投していただけに代打を送らなかったが、二ゴロで攻撃はあえなく終了した。結果的に1点あれば勝てただけに、これが裏目。指揮官は「チームの責任っていうかね。俺にももちろん責任があるし」と結果を背負い込んだ。

 七回1死一、二塁ではマルテが、八回無死一塁では大山が、延長十一回1死一、二塁では高山が併殺打。この日はお盆休みを利用して藤原オーナーが観戦に訪れた。日帰りのため延長十回途中で球場を後にしたが、拙攻に腹を立てるどころか「みんな頑張っているから、いい記事を書いてあげてください」と愛する虎を擁護して去った。

 総帥のビジター観戦は2度目。前回7月3日はオーナー会議の後の横浜で、試合のために遠征するのは初めてだ。今春は甲子園で観戦すれば9連勝。横浜でも4-3でチームが競り勝つ瞬間を見届けた。11日の広島戦(京セラ)では球場を訪れ「みんなで攻撃していこう」とハッパをかけたばかり。その日も6-5で競り勝ったのだが…。竜とのスコアレスドローは57年ぶりの珍事だ。

 「どう点をとるかっていうのは、残り試合も大事な部分になる」

 将は残り34試合へ、懸命に前を向いた。20イニング連続無得点で、中日戦は6試合を残して勝ち越しがなくなった。3位広島とは5ゲーム差に広がり、Aクラス入りへ正念場。このままでは勝負の9月は乗り切れない。

【広告】

暑い日が続くようになってきて

熱中症のニュースが

聞かれるようになってきました。

梅雨に入るとそれほど気温が高くなくても

湿度が高いため、熱中症になる人が増加します。

特に建設現場などでは熱中症による

労働災害等のリスクが増加します。

近年は酷暑が多くなっているようですので

酷暑を迎える前に空調服の導入を

御検討ください。

空調服は酷暑での作業環境はもちろん

夏の釣りやキャンプの

アウトドアライフなどでも使用されています

詳しくは⇒空調服通販のつくも

コメントは受け付けていません。