【楽天】4度の併殺などで今季11度目の完封負け 平石監督「ウィーラーのゲッツーが痛かった」(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:6回1死一、二塁、浅村が三振に倒れ、ぶぜんとする平石監督ら楽天ベンチ

◆楽天0―3ソフトバンク(13日・楽天生命パーク)

 楽天は8安打を放ちながら、2度の満塁機を逃すなど4併殺の拙攻でソフトバンクの先発・高橋礼を攻略できずに今季11度目の完封負けを喫した。平石洋介監督(39)は「一番痛かったのは2回。別にタイムリーじゃなくても、犠飛でもセカンドゲッツーでもいいから、まず1点を取りたかった」と、2点を追う2回無死満塁で投ゴロ併殺に倒れたウィーラーの一打を嘆いた。

 特に2回の守備では、2死から連打で一、三塁のピンチを招くと、相手が仕掛けてきた重盗に対し、捕手・太田が二塁に悪送球して2点目を献上(記録は重盗と太田の失策)した直後だった。反撃のチャンスを助っ人砲の力ないゴロでつぶし、指揮官は「あの2回の守備と攻撃でちょっと雰囲気が重くなったかなと思う」と振り返った。

 先発したドラ4左腕・弓削は、3回以降は粘りの投球で6回2失点と試合をつくったが、2点ビハインドの8回に2番手・小野がデスパイネにダメ押し30号ソロを浴びて突き放された。これで、順位こそ3位のままだが、首位・ソフトバンクとの差は6・5に広がった。14日も敗れれば、自力優勝の可能性が消滅する。指揮官は「反省するところはしっかり反省して、また明日しっかりやってもらいたい」とナインの巻き返しに期待した。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。