【ロッテ】石川「今日もダメかと…」2か月ぶり先発で7回途中1失点(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

◆日本ハム―ロッテ(13日・東京ドーム)

 ロッテ・石川歩投手(31)が6月9日の巨人戦(東京D)以来となる先発で6回1/3を8安打1失点の好投を見せた。

 初回から最速153キロの直球を軸に攻めた。1死から大田に左翼フェンス最上部に直撃する二塁打を浴びた。この打球に日本ハム・栗山監督が本塁打の是非を問うて「リクエスト」を要求。左翼席のロッテファンは両手を大きく振って「入ってない」とアピール。リプレー検証の結果、二塁打で試合が続行した。

 続く近藤を二ゴロに抑えたが清宮に死球を与え2死一、三塁とされると渡辺に右前に運ばれ先取点を献上した。

 その後は6回までに7安打を浴びるも要所を抑えて無失点を続けた。

 7回に1死一、二塁の場面で降板したが、後を継いだ東條、松永が無失点でしのいだ。

 2か月ぶりの先発で仕事を果たした右腕は「今日もダメかと立ち上がりは思ったんですが、その後は何とか踏ん張れました」と安堵(あんど)していた。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。