星稜・奥川が最速154キロ無失点救援で3回戦進出「指にかかった球は少なかった」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:力投する星稜・奥川恭伸(カメラ・義村 治子)

◆第101回全国高校野球選手権大会第8日 ▽2回戦 星稜6―3立命館宇治(13日・甲子園)

 今秋のドラフト1位候補右腕、星稜・奥川恭伸投手(3年)が6回途中から登板。最速154キロを計測するなど、無失点の好リリーフを見せてチームも2回戦を突破した。

 6回2死一、二塁で3点差に詰められた場面でマウンドに上がった奥川。1人目の打者だった今野優斗三塁手(3年)に左前安打を浴びて2点差に迫られたが、後続を、153キロをマークするなど打ち取って追加点は与えなかった。

 8回まで2回3分の1、39球を投げて2安打無失点で3奪三振。9回は右翼を守って試合終了を見届けた。奥川は「1本打たれて、気持ちが少し楽になった。(154キロ?)出たことはうれしいけど、まだまだ。指にかかった球は少なかった。リリーフは難しいと感じることができた。みんなの力を合わせて、勝ち取った1勝です」とホッとしたように振り返った。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。