【日本ハム】今季ワーストタイ6連敗…2戦連続12残塁で4位転落(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:厳しい表情で戦況を見つめる栗山監督(左)

◆ソフトバンク6―3日本ハム(12日・福岡ヤフオクドーム)

 勝利に沸く敵地を見つめ、栗山監督は帽子を取って静かに一礼した。3・5差の2位で乗り込んだ敵地で3連敗。今季ワーストタイの6連敗で4位に転落し、自力優勝の可能性も消滅した。8月は10戦でわずか1勝。「すべて勝ちにいっているけど勝ちきれない。すべてのみ込んで何とかする」と絞り出した。

【写真】日本ハム・輝星、14日ロッテ戦先発へ…栗山監督「東京ドームで投げさせる」

 どうにも打線がつながらない。2点を追う7回は1死二、三塁の好機を作りながら、大田、近藤が連続で空振り三振。9回には近藤、中田の適時打で2点を返したが、反撃は遅すぎた。相手を上回る11安打を放ちながら、2戦連続の12残塁とあと1本が出なかった。

 負の流れを変えようと、手は打った。今季から導入する「栗山流オープナー」として先発に吉川を送り、2番手に金子を準備させる今季初の形で挑んだ。しかし、吉川は初回に3失点で主導権を握られ、金子の5回無失点の好投も生きなかった。2点差の8回は勝ちパターンの石川直が3失点。必死の継投は圧倒的なチーム力にはね返された。

 自力V消滅について、指揮官は「それは全然関係ない。こっちが連勝すれば復活するわけだから」と言い聞かせた。残り36試合。可能性がある限り、諦めない。(小島 和之)

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。