【札幌記念】フィエールマン&ブラストワンピースのG1馬2頭、凱旋門賞“壮行レース”で弾みつける!(スポーツ報知)

出典元:凱旋門賞を目指すフィエールマンは万全の態勢でステップレースに挑む

◆第55回札幌記念・G2(8月18日・芝2000メートル、札幌競馬場)

 第55回札幌記念・G2(18日、札幌)に出走するフィエールマンとブラストワンピースのG1馬2頭が、ここで弾みをつけて仏G1の凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン競馬場)を目指す。

 いずれも函館で滞在。フィエールマンはG1・2勝目となった天皇賞・春から4か月ぶり。1週前に騎乗したルメールは「馬が大きくなった。春からパワーアップしたみたい。(休み明け2着の)アメリカJCCよりいいコンディション」と成長を感じている。

 一方のブラストワンピースも、8着に敗れた目黒記念より調整過程はスムーズのようだ。馬体重が540キロ台後半(前走時538キロ)。大竹調教師は「ノルマはないけど、本番に向けて、いいレースをしたいですね」と期待を膨らませる。

 結果次第で2頭とも、レース後は北海道のノーザンファーム(NF)空港で疲労を取り除いてから、福島のNF天栄へ移動。輸出検疫を受けて、9月上旬に滞在先となる英国のニューマーケットへ出発するスケジュールが組まれている。G1馬2頭が“壮行レース”でどんなパフォーマンスを見せるか注目だ。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。