巨人・桜井、21日に中5日で広島戦初先発「新しい一歩を楽しみたい」(サンケイスポーツ)

【広告】   ハッピーソックス

 

ハッピーソックスであなたも皆もハッピーに!

ハッピーソックスの商品は全てが送料無料です!

  商品は1点からでも購入可能

出典元:試合前練習で、キャッチボールする巨人・桜井俊貴 =マツダスタジアム(撮影・福島範和)

巨人・桜井俊貴投手(25)が20日、マツダスタジアムでキャッチボールやダッシュなどを行い、中5日で先発するあす21日の広島戦に備えた。同カードでの先発はプロ初。「新しい一歩を楽しみたいと思います」と胸を高鳴らせつつ、開幕戦の雪辱を果たすため腕を振る。

 「開幕戦で打たれたので。あの時は自分の投げたい球を投げられずに終わったので、あしたは投げたい球を投げて、そこで攻めていけたらいいかなと」

 4年目の今季は、リリーフで開幕1軍入り。開幕3戦目となった3月31日の広島戦(マツダ)の八回から登板し、鈴木とバティスタに中前打を浴び、1アウトも取れず、わずか7球で降板した。

 「あの時は、マウンドで足が浮いているというか、フワフワしていたんですけど、いまは周りも見えてきて、落ち着きも違うかなと。最初は自分と戦っていて。そういう感じはすごくあったので。いまは相手の反応の仕方もみられているので、その面ではだいぶ成長しているかなと」

 後半戦の“開幕投手”を任された15日の巨人戦(長野)では、四回途中4失点で降板。前回登板と開幕カード、2つの悔しさを晴らす戦いでもある。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。