大迫勇也、退団した10番主将の代役として期待高まる。「同じタイプの選手」(フットボールチャンネル)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:ブレーメンの大迫勇也【写真:Getty Images】

ブレーメンの日本代表FW大迫勇也には、昨季限りで退団した元ドイツ代表FWマックス・クルーゼの穴を埋める役割も期待されているようだ。独紙『ビルト』が監督らのコメントとともに伝えている。

 2016年からブレーメンに在籍していたクルーゼは、背番号10を背負って主将も務め、中心選手として活躍。昨季は公式戦36試合に出場してチーム最多タイの12得点を挙げ、14アシストも記録した。だが満了となった契約を延長せずブレーメンを退団し、その後トルコのフェネルバフチェに加入することが決定した。

 クルーゼの退団が大きな痛手であることはフロリアン・コーフェルト監督も認め、「嘘はつけない。素晴らしい選手を失った」とコメントしている。その穴を埋めるべく、トレーニングキャンプではたびたび大迫をクルーゼのポジションに起用しているという。

 チームメートのMFケビン・メーヴァルトは大迫に対し、クルーゼの代役を務められるとして能力に賛辞を送っている。「大迫勇也は去年クオリティーを示した。マックスと同じようなタイプの選手だ。安心してボールを預けられると分かっているから、ユウヤにボールを出すのは好きだよ」と同選手は語った。

 だがプレーに関しては似たタイプでも、クルーゼが声を出してチームを引っ張るリーダーだったのに対し、大迫は「シャイでほとんど声を出さない」と独紙は違いも指摘。「ユウヤはすごく良い選手だけど声を出すタイプじゃないね」とメーヴァルトも話している。

 システム変更の可能性なども含め、新シーズンの戦い方はまだ流動的とみられている。だが大迫は複数のポジションでプレーできる力も評価されており、何らかの形でチームにとって重要な役割を果たすことは期待できそうだ。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。