大谷のエンゼルス、亡き同僚にささげるメジャー13度目のノーノー継投達成! 全選手がスカッグスの背番号「45」での快挙(スポーツ報知)

出典元:スカッグスの背番号45をつけてプレーしたエンゼルスナイン(ロイター)

◆エンゼルス13―0マリナーズ(12日、エンゼルスタジアム)

 大谷翔平投手(25)が所属するエンゼルスが12日(日本時間13日)、2投手の継投によるノーヒットノーランを達成した。無安打無得点試合は今年5月のアスレチックス・ファイアーズ以来301度目で、継投では昨年5月のドジャース以来13度目の快挙だ。

【写真】何これ?大谷と「こんまり」が並んだ身長&体格差がすごすぎ

 エンゼルスはこの試合でオープナーを起用。右腕のコールが2回までを6人で完璧に抑えると、打線が爆発。初回に7点を奪い、2回にも2点を追加するなど、試合序盤から大量リードとなった展開だった。3回からは2番手で右腕のペーニャがマウンドに。5回1子でナルバエスに四球を許して“完全リレー”は途切れたが、ヒットを許すことなく、力投を続けた。

 この試合は、今月1日に急死したタイラー・スカッグス投手(享年27)の“追悼試合”。遠征先のダラスで亡くなり、その後も遠征が続いたエンゼルスは、スカッグスの死後、本拠地で迎えた初めての試合。球場外には多くの花が並べられ、試合前には思い出のビデオが流され、両チームのナインが並んで黙とうもささげられた。エンゼルスクラブハウスには、スカッグスのユニホームやグラブが、これまでと変わらぬように並べられ、全選手がスカッグスの背番号「45」をつけて試合に臨んでいた。その思いを形に表すかのようなノーヒットノーランとなった。

 エンゼルスのノーヒッターは、通算11度目。継投によるものは、1990年4月11日ラングストン―ウィットの2人で達成している。この時の対戦相手もマリナーズだった。

【広告】


コメントは受け付けていません。