【球宴】巨人・丸、本拠・東京ドーム沸かせた安打「すごく楽しんでやれました」(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:1回、鈴木(右)とグラブタッチしてベンチに戻る丸

◆マイナビオールスターゲーム2019 全セ3―6全パ(12日・東京D)

 本拠地開催の祭典で、巨人のスターが黙っているわけにはいかない。丸のバットから快音が響くと、東京Dが沸いた。2点を追う4回無死。有原の低め直球を中前に押し返した。「すごく楽しんでやれました。ヒットも打ててよかった」。続く鈴木の打席では相手失策で三塁へ進み、筒香の内野安打でホームを踏んだ。さらに6回1死では松井から右前安打。ここで代走を送られて交代となったが、マルチ安打と輝きを放った。

 久々の最強コンビ復活もファンを喜ばせた。守備では、昨季まで同僚だった広島・鈴木と右中間をガッチリ固めた。2回2死で両者の中間へ飛球が飛んだ際には、猛ダッシュしてきた丸が「俺が捕るから!」と言わんばかりに大きく腕を振って制し、スタンドからは笑いが起こった。試合前には「なかなか本拠地での球宴はないので、より集中して入りたい」と話す一方で、「僕は岡本さんのサポートをするだけなんで」と笑っていたが、2年連続セ・リーグMVPの存在感はさすがだった。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。