石川佳純、世界1位・陳夢に涙の大逆転勝ち「信じられない。うれしいです」(スポーツ報知)

出典元:石川佳純

卓球のワールドツアー、オーストラリアオープン(OP)は12日、ジーロングで女子シングルス準々決勝などが行われ、世界ランク6位の石川佳純(26)=全農=が、同1位の陳夢(中国)を4―3のフルゲームで撃破した。

 石川はゲームカウント1―3と追い込まれたが、ラリーで互角に打ち合い、徐々に主導権を握った。第6、7ゲームは積極的な攻撃から先手を取り、世界1位を圧倒。最後はネットインとなり、喜びは控えめだったが、ベンチに戻ると、感極まった。3ゲームを連取しての大逆転勝利。試合後の場内インタビューでは「信じられないです。うれしいです。明日の試合に残ることができたので、全力で準備をして最高のプレーができるように頑張りたいと思います」と喜びをかみしめた。

 石川は東京五輪代表選考レースが本格化した今年、中国選手に未勝利で、ワールドツアーでも不本意な結果が続いていた。それでも前週の韓国OPと今大会に向けた出発前には「アグレッシブなプレーをずっと課題にしてきたけど、さらにこれからそういうプレーをしていかないと中国選手には勝っていけない。そこでしっかり勝っていくためにどんどんバージョンアップしていくつもりで、自分自身を磨いていきたい」と打倒・中国への決意を語っていた。

 韓国OPでは準々決勝で中国の世界選手権代表の孫穎莎と対戦。最終ゲームで2度マッチポイントを握りながら、逆転負けと悔しい結果に終わっていたが、ここまで何度も苦渋を味わってきた中国のトップ選手をあと一歩まで追い詰めていた。地道に積み重ねた努力が、代表争いの中盤戦で花開いた。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。