阪神・西、G戦連敗ストップへ「隙を出さない」平成最後の伝統の一戦に先発(サンケイスポーツ)

出典元:試合前練習に臨む阪神・西=甲子園球場(撮影・松永渉平)

平成最後の「伝統の一戦」となる21日の巨人戦(甲子園)に先発予定の阪神・西勇輝投手は20日、甲子園でダッシュなどで調整。「相手打線というよりも自分のピッチングをすることが第一。隙を出さないようにしたい」と力を込めた。

 7日の広島戦(マツダ)で9回6安打9奪三振で、自身2年ぶり完封勝利。ここまで登板3試合すべてでクオリティースタート(6回以上を3失点以内)を達成しており、2勝1敗、防御率1・57。チームは今季巨人を相手に0勝5敗と苦戦しているが、好投で連敗を食い止める。

コメントは受け付けていません。