【サンスポ賞フローラS】シャドウディーヴァ、メンバー中最速上がりタイムの持ち主(サンケイスポーツ)

出典元:シャドウディーヴァ

関東のメイン開催は中山から東京に移る。日本ダービー(5月26日、GI、芝2400メートル)を頂点に一年を通じて最も華やかな開催で、開幕週は日曜メインにサンケイスポーツ賞フローラS(21日、GII、芝2000メートル)が行われる。1、2着馬にオークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦。過去10年の優勝馬のオークス成績は2010年サンテミリオンがアパパネと同着ながら優勝し、13年デニムアンドルビーが3着、16年チェッキーノ、17年モズカッチャンがともに2着と活躍。今年も目が離せない。

 レースの傾向としては開幕週の割に逃げ残りは10年のアグネスワルツ(2着)だけで、むしろ近3年は上がり3ハロンを最速のタイムで走った馬が勝っている。先行力よりも決め手が重要といえそうだ。

 今回のメンバーで最も速い上がりタイムを持っているのがシャドウディーヴァ(美浦・斎藤誠厩舎)。東京芝2000メートルの新馬戦では出負けして後方からのレースになったが、上がり3ハロン33秒0の脚を使って2着まで追い上げた。未勝利勝ちを含め、全5戦中4戦が東京芝2000メートル。前走のフラワーCは4着に敗れたが、コースが替われば見直せる。

【広告】

新規申込みで

70,000円キャッシュバック

【SoftBank 光】

コメントは受け付けていません。