水谷隼、個人戦では最後の世界選手権へ「最高のパフォーマンスを」(スポーツ報知)

卓球の世界選手権個人戦(21~28日、ハンガリー・ブダペスト)に出場する男女日本代表が15日、羽田空港を出発した。チームはドイツ・グレンツォアで直前合宿を行い、19日に現地に入る。

 8度目の出場となる水谷隼(木下グループ)は、世界選手権の個人戦は今大会が最後となることを明言している。「今までたくさん世界選手権に出場してきて、いい時も悪い時もたくさんあったんですけど、今回は良く終わりたいと思ってます」と語ったが、大会に挑む心境や準備はこれまでと変わることはない。「いつもと同じように、最高のパフォーマンスを出せるように考えています」と静かに闘志を高めた。

 2年前の前回大会は2回戦で張本智和に敗れた。今大会は「具体的にメダルが欲しいとか、目標は考えてない」とし、「今回は家族も応援に来てくれるので、1秒でも長くコートに立っていられるように、ガムシャラにプレーできたらいいなと思います」と決意を込めた。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

2分59秒でHID化!!!

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。