大船渡・佐々木朗希が4回無失点、9奪三振 盛岡中央と練習試合(スポーツ報知)

出典元:盛岡中央との練習試合で好投する佐々木朗希

高校生最速のMAX163キロを誇る大船渡・佐々木朗希投手(3年)が14日、岩手県内で行われた盛岡中央との練習試合に先発。4回を投げ3安打無失点、1四球9奪三振の好投を披露した。

 立ち上がりはやや制球に苦しみ、初回先頭の四球と犠打で1死二塁とされたが、3、4番を連続三振。4回も安打と暴投で無死二塁と攻められたが、4番を一邪飛、5、6番を連続三振に仕留めピンチを切り抜けた。この日は、4回まで毎回走者を背負ったが、走者を許してからは高い奪三振率で盛岡中央打線をねじ伏せた。

 打っても初回に遊撃内野安打で出塁すると、5回の第3打席では左前打。あわや本塁打という大ファウルも放ち、4番としての姿も見せた。5回には安打で出塁後、二盗を試みたが失敗。その裏からマウンドを譲り、ベンチに下がった。

【広告】

マルチドメイン対応、

ビジネス仕様 高性能レンタルサーバー

【シックスコア】



コメントは受け付けていません。