織田信長ゆかりの地でアマの織田信亮が首位キープ 岐阜オープン(スポーツ報知)

◆男子ゴルフツアー外競技岐阜オープン 最終日(14日、岐阜・各務原CC=6917ヤード、パー72)

 2日間競技の最終日が行われ、最終組が前半を終了。首位からスタートしたアマチュアの織田信亮(19)=福井工大=が前半の9ホールを32で回り、通算10アンダーとして2位に3打差をつけて首位をガッチリとキープしている。戦国武将の織田信長、あるいは、信長の末裔(まつえい)の2010年バンクーバー五輪男子フィギュアスケート7位の織田信成さん(32)と血縁関係はないというが、織田信長ゆかりの岐阜で19歳の若者が歴戦のプロを相手に大健闘。今大会では1984年の第1回を制した小野義明以来、35年ぶりの2人目のアマ王者へ突き進んでいる。

 3打差の2位は、14ホールまで消化した比嘉拓也(31)=TOSHIN=。さらに1打差の3位に、すでにホールアウトした時松隆光(25)=筑紫ケ丘GC=らが続く。

 前回大会覇者の石川遼(27)=カシオ=は第1日に74と崩れ、64位で、カットラインに1打及ばず予選落ちした。

【広告】

ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。