【山藤賞】ギルマ、接戦制して2勝目 三浦「距離が延びても大丈夫」(サンケイスポーツ)

出典元:後方から直線豪快に伸びて2勝目を挙げたギルマ(ピンク帽)

13日の中山9R山藤賞(3歳500万下、芝1800メートル)は、3番人気ギルマ(栗・高橋忠、父ハービンジャー、母レストレスハート)が後方3番手から伸び、ゴール前の接戦をハナ差で制して2勝目を挙げた。タイム1分49秒2(良)。

 「前走では背中の使い方が窮屈だったけど、今日はしなやかなフットワークで良くなっていました。距離が延びても大丈夫」と三浦騎手。今後はラジオNIKKEI賞(6月30日、福島、GIII、芝1800メートル)を視野に入れる。

【広告】



価格もリーズナブルで1年間2953円~で、

工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。