沙羅、今季初勝利ならず11位/ジャンプ(サンケイスポーツ)

ノルディックスキー・ワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人第6戦(12日、札幌・大倉山ジャンプ競技場、ヒルサイズ=HS137メートル)平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(22)=クラレ=は111メートル、110・5メートルの合計154・6点で11位。今季初勝利はならなかった。

 高梨は今季、2位が1度、3位が2度。挑戦のシーズンと位置づけ、助走路の滑りや踏み切りで試行錯誤しているため、安定感を欠く。1回目は9位にとどまり、自国開催のW杯で3季ぶりに優勝はならず。故郷北海道で男女を通じて単独最多の55としている通算勝利数を伸ばすことはできなかった。

コメントは受け付けていません。