【日米野球】松井秀喜氏が東京ドームでノーバン始球式「届いて良かった」(東スポWeb)

出典元:始球式を行った松井氏

MLBオールスターチーム・大リーグ選抜のベースコーチとして2018日米野球に参加した松井秀喜氏(44)が9日、東京ドームで行われた侍ジャパンー大リーグ選抜の始球式に登場した。

 ヤンキースの背番号55のユニホーム姿でマウンドより少し前の位置から松井氏が投げた球はノーバウンドのストライク投球で森友哉捕手(23=西武)のミットに収まった。

 ゴジラの完璧投球に球場のファンから大きな拍手が送られた。松井氏は「東京ドームは私にとって思い出の詰まったホームグラウンドで、今回の日米野球の初戦に始球式をすることができて非常に光栄です。捕手まで届いて良かったです」と話した。

コメントは受け付けていません。