33歳・加藤条治、5度目五輪を目指す(スポーツ報知)

スピードスケート男子500メートルの日本記録保持者で、2010年バンクーバー五輪銅メダルの加藤条治(33)が現役を続行することが1日、決まった。所属先の博慈会が発表した。加藤は「5度目の五輪を目指し、一シーズン一シーズンを大切に頑張っていきます」とのコメントを出した。博慈会は4年後の北京五輪まで支援する方針。

コメントは受け付けていません。