健大高崎高野球部、暴力行為で対外試合自粛 優勝した関東大会期間中に部員同士が(サンケイスポーツ)

甲子園に春夏通算6度出場している群馬県の高崎健康福祉大高崎(健大高崎)高の野球部で5月に部員同士の暴力行為があり、対外試合を自粛していることが1日、分かった。同校は県高野連を通じて日本高野連に報告。今月中に処分が決定する見通しという。

 同校によると、5月に開かれた春季関東大会の期間中に、寮で1年生が2年生から暴力を受けた。生徒から青柳博文監督に報告があり、発覚。その大会後から対外試合を自粛している。被害にあった部員は一時学校を休んでいたが、既に登校しており、練習にも今後復帰する予定。

 指導している中での暴力行為で、部員間のいじめは確認されていないという。加藤陽彦校長は「二度と起きないようにしっかりと原因究明したい。再発防止に向け、全力で生徒指導に当たる」と話した。

コメントは受け付けていません。