巨人鍬原プロ初先発初●も手応え「シンカー使えた」(日刊スポーツ)

<日本生命セ・パ交流戦:巨人2-4日本ハム>◇5月31日◇東京ドーム

 進むべき道が、確かに見えた。巨人ドラフト1位の鍬原が、プロ初登板初先発を5回2安打3失点。援護なく初黒星を喫したが「自分の球がどれだけ通用するか分からなかったので、打者と勝負することを心がけて投げられた」と、現状把握が最大の収穫だった。

【写真】5回を投げ終え、斎藤投手コーチに労われる鍬原

 持ち味を出した。2回、先頭を歩かせた後が真骨頂だった。右打者の鶴岡はスプリット、左打者の杉谷、中島はシンカーで空を切った。「左打者にはシンカーを有効に使えた」。生命線とするシンカーと4月から本格的に活用し始めたスプリットを使い分けた。7三振のうち6三振が落ちる球。スタイルが通用した。

 粗削りな部分もさらけ出した。1点リードの3回。1死から西川に左翼線二塁打で初安打を許すと、連続四死球で満塁。中田の中犠飛で同点とされ、レアードには甘く入ったスライダーを勝ち越し2点適時打された。「気持ちのコントロールができなかった。勝ち越された後に平常心になったが、遅かった」。指にかかった直球は一級品。だが「いい球と悪い球がはっきりしてしまった」と高めの抜け球や引っかかる球も目立ち、6四死球と乱れた。

コメントは受け付けていません。