乾「活躍するために治療を続けてきた」酒井高はブラジルでの悔しさ忘れず(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

日本サッカー協会は31日、都内で会見を開き、ロシアW杯(6月14日開幕)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。

 乾貴士(29)=エイバル=「シーズン終了直前にけがをしてしまったが、W杯で活躍するために治療を続けてきた。思いっきり楽しんでプレーして良い結果を残し、勝利に貢献したい」

 大迫勇也(28)=ケルン=「4年前のブラジル大会では試合に出たものの、何もできなかった悔しさしかない。その雪辱を果たすために努力を重ねてきた。W杯で得点を取り、日本代表を勝利に導くことは子どもの頃から持ち続けている目標。この目標を実現できるように、責任と誇りを持って戦いたいと思う」

 酒井宏樹(28)=マルセイユ=「2度目のW杯、この4年間、ドイツで、フランスで磨き上げたものをピッチの上でしっかり使い果たせるよう全力で戦ってきますので、応援よろしくお願いします」

コメントは受け付けていません。