長谷部、右足気にしながら練習切り上げる(スポーツ報知)

サッカー日本代表は26日、千葉県内で合宿を行い、3バックの新システムで西野朗監督(63)体制で初の紅白戦を行った。

 DF長谷部が右膝打撲の影響で、大事をとって練習を途中で切り上げた。紅白戦の2本目を終えた後に自ら医療スタッフを呼び寄せ、右足を気にするしぐさを見せながらピッチを後にした。

コメントは受け付けていません。